良い業者を見極める基準

 

良い業者を見極める基準

 

一括見積もりのメリットでも説明しましたが、無数にある探偵事務所の中で信用出来る探偵社を独自で探すのは大変です。

良い業者を見極める基準

 

探偵社を利用したことがある方から紹介してもらうのがベストですが、ほとんどの人は身近に探偵を利用した人はいないと思いますし、利用した人も、依頼内容がプライベートな内容のため、利用したことを話す事は少ないと思います。

 

では、良い探偵社を探すのが難しいですが、逆に依頼をしてはいけない悪徳探偵社を見分けるポイントはありますのでこれから探偵業者に相談する方はご参考にしてみて下さい。

 

「探偵業法の届出がされていない探偵社」

いわゆるモグリの業社で絶対に避けるべきです。
探偵業届出証明書は事務所の目立つところに提示されているので、まずそれを確認することが大切です。
本社、支社を問わず届出済みの業社であれば必ずありますので、見当たらなければ聞くようにしてください 。

 

「会社の所在地等の概要が公開されていない」

事務所の所在地が公開されていなかったり、所在地がレンタルオフィスや私書箱、また転送電話などを利用し、会社を大きく見せかけて、実際に行ってみたら会社が存在しないケースもあります。
この場合、事務所内での面談を拒むケースがほとんどですので注意が必要です。

 

「行政処分を受けている業者」

公安委員会は、探偵業法違反等により営業停止命令・廃止命令等を行った探偵業者を公表していますので、チェックしておいたおいた方がよいでしょう。

 

「過剰なキャッチフレーズお宣伝で客寄せをする」

たとえば成功率○○%ですとか、警察上層部にコネがあり調査力は全国トップレベルですと言ったキャッチフレーズをそのまま鵜呑みにしない方がよいでしょう。

 

「契約書を交わさない」

これは問題外で、探偵業法違反です。
探偵業法では契約書のほか重要事項説明書といった必要書類を作成した上で調査を行うと定められています。

 

「出張面談を迫る」

事務所に招くことなく相談者の自宅近くの喫茶店などで面談をして、相談者に便利なように装う探偵社も要注意です。
事務所の場所を偽っている場合や、会社規模を隠すために事務所以外で行われる場合が多いです。
中には自宅や小さな事務所で営業している優良な探偵社もありますが、そういったところは出張面談の理由をきちんと説明するはずです。
また逆のケースで調査力がないにも拘らず資金力があるため、事務所だけ立派にするケースもありますので注意が必要です。

 

「ホームページに依頼者からの感謝文や良い口コミなどを載せている」

これらはほぼ自作自演とみて間違いないです。
これを鵜呑みにするような人も少ないと思いますが。

 

「依頼者に消費者金融を紹介する」

予算が足りない依頼者に借金までさせて契約に持ち込む手口です。
まさか!と思われますが、このようなことは被害事例にも聞く話です。
優良な探偵社であれば絶対にそのようなことはしませんので、もしそのような業者であれば依頼を取り止めましょう。

 

上記項目が代表的チェックポイントになりますが、まだまだ注意するポイントが有るかと思いますので、ご依頼の際は十分注意してください。

 

浮気・不倫でお悩みの方、無料診断はこちら

浮気・不倫でお悩みの方必見!

無料相談実施中

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

>>悪徳探偵業者に騙された被害報告