ストーカー防止のポイント

 

ストーカー防止のポイント

 

ここ近年ストーカーによる殺人事件が発生するなど悪質で執拗なストーカー行為が社会問題となっています。

ストーカー防止のポイント


手遅れにならない為にも、不審を感じたら早急に専門家へ相談される事と、あなた自身身を守る行動をとって下さい。

 

今現在、ストーカー被害に遭われている方がいらっしゃいましたら、ストーカー被害の対策方法を下記にまとめていますのでご参考下さい。

 

ストーカー被害に遭った時の対策

 

つきまといや尾行されている場合

 

通勤(通学)時間や通勤(通学)経路を変えてみてはどうでしょうか。人ごみにまぎれるなど尾行を回避する方法もあります。途中で待ち伏せされている時には有効な手段といえます。また警察や交番などに駆け込むのもよいでしょう。

 

盗聴盗撮

 

盗聴器は贈り物やプレゼントの中に仕掛けられたりする事多くがあります。
市販の盗聴発見器(3万円程度)でご自身で確認する事ができますし、思い当たる人からのプレゼントは処分した方が良いでしょう。
なるべくなら盗聴器発見の調査は探偵等の専門家へ依頼されるのがベストだと思います。

 

いたずらや無言電話が鳴る場合

 

いたずら電話や無言電話対策として電話番号を変えたり電話帳への登録は絶対にさけ心は冷静にして無言で切るか「警察に訴えます」と短く明確に言って切るようにしてください。
決して感情的になって対応してはいけませんのでご注意下さい。
相手先の番号が表示される番号通知サービスや発信先の案内サービスや迷惑電話お断りサービスがありますので利用してみるましょう。

 

ごみ

 

ゴミはストーカーの情報源の宝庫です。なるべくなら直接ゴミ収集車に渡し、人目に付くゴミ置き場に捨てない事に心がけましょう。また最近では家庭用のシュレッダーも数千円〜数万円程度で市販されていますので公共料金など個人情報が記載された書類などはこれを利用するのも手です。

 

最終的には情報収集でメモしたノートや電話の録音テープ、プロのストーカー調査で集めた写真・VTR・調査報告書を持って警察もしくは弁護士事務所へご相談して下さい。

 

相手がわからず非常に危険な場合も多いのでご自分で調査されないようにして下さい。

 

ストーカー被害に遭ったら現状起こっている状況を詳細に毎日必ず日時を忘れずにノートなどにメモしてください。後にこのメモが重要な証拠となりストーカー対策を行なう上でも役に立ちます。

 

浮気・不倫でお悩みの方、無料診断はこちら

浮気・不倫でお悩みの方必見!

無料相談実施中

 

このエントリーをはてなブックマークに追加