携帯メールを転送する

浮気調査なら

 

携帯メールを転送する

 

浮気相手のメールのやり取りを見っけて浮気しているのをを知ったという人は非常に多いです。
実際、探偵社に来る人のご相談の中で「浮気相手とのメールのやり取りで気づいた」という人が大半を占めています。

 

メールから得られる情報はかなり多く、浮気相手からのメールが特定できれば、メールアドレスや携帯電話番号が分かりますし、
メールアドレスの登録やメール内容によっては、名前や住所、勤務先などが分かることがあります。
それだけに留まらず、実際にターゲットと浮気相手が会う日時、または会った日時や、浮気相手の写真などが、 メールでやり取りされていることも少なくありません。

 

そんな浮気相手とのメールを見つけた場合、メールでのやり取りを残しておくのが一番です。

 

手書きでメモしたりして ある程度の情報は残せますが、移すのに時間が掛かったりして、相手にバレてしまうリスクがあります。
また写メなどは当然手書きなどで移せません。

 

そこで短時間に相手のメール内容を簡単に保存出来る方法がメール転送です。
メール転送とは、転送機能を用いて、自分の携帯電話メールアドレス、あるいは、PCメールアドレスに送ってしまおう、という方法です。

 

まず初めに携帯電話にパスワードロックがかかっていないことを確認して下さい。
もしパスワードロックがかかっていると、そもそも携帯電話の操作自体が不可能となりますので、メールを転送するどころか、メールの内容を見ることさえも不可能となってしまいます。

 

もしパスワードロックが掛かっていた場合、市販のソフトなど使って携帯ロックパスワードを解読してみて下さい。
ここでは、ロック解除の方法は省きます。

 

メールの転送方法

 

相手の携帯電話のメールから、浮気相手からのメール、もしくは、浮気相手に送ったメールを選択する。
メールを選択した後、メニューを開いて「転送」という項目を選択する。もしくは「転送」ボタンを押す。
転送メールの送信先に、あなたのメールアドレスを入れます。

 

以上がメールの転送方法となります。

 

メールの転送方法は携帯電話の契約会社や機種によって違いますので、あくまで参考としてお読み下さい。

写真の転送をする場合、携帯電話の契約会社によって画像のサイズや表示が制限されているため、パソコンのメールアドレスに転送する方が間違いないです。

 

浮気・不倫でお悩みの方、無料診断はこちら

HAL探偵社 浮気診断シュミレーター匿名申込

 

 

 

トップページ

 

 

 

トップへ戻る