探偵の特権

 

探偵の特権

 

探偵事務所は、日本だけではなく世界各国にある職業ですので、当然それぞれの国によって探偵に与えられている特権に違いがあるのが特徴で、調査をに進めやすく出来るように法律の特権を与えているところもあれば、探偵に一切の特権を与えていないところもあります。

 

日本の探偵はどちらかというと後者の一切特権が与えられていない方に属しています。 

探偵の特権

 

探偵業法が施行されたことによって、探偵が職業として認められるようになりましたが、いまの法律では探偵の仕事が調査依頼を受けて所在や行動の情報を収集することを目的とした業務となっていますので、探偵はこの法律に沿って業務を進めていく必要があります。

 

また、当然ながら探偵は武器の所有が認められていないため、危険な調査でも素手で調査を進めていく必要がありますので、探偵の仕事は危険が伴う職業だと言えます。

 

ただし、探偵事務所は一般人では得ることができないような情報網を構築させているのが普通であり商売でもあるので、この豊富な情報量を基に調査を進めていくことが可能でありますので、一般人が調査するレベルの物とは比べ物がならない位違います。

 

各探偵事務所によって構築している情報網には違いがあるのが一般的ですので、探偵事務所の仕事能力は持っている情報網によって異なってきます。

 

構築しているネットワークが大きいほど調査能力も高くなるため、スムーズに調査が進められるでしょう。

 

浮気・不倫でお悩みの方、無料診断はこちら

浮気・不倫でお悩みの方必見!

無料相談実施中

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

>>良い業者を見極める基準