人探し調査の価格

 

人探し調査の価格

 

探偵や興信所が請ける依頼の中で、浮気調査に次いで依頼の多い>のがこの人探しです。

 

人探しとは基本的に、連絡取れなくなった人物の現在の居所や住所を調べるという調査です。

人探し価格 人探し 行方不明 蒸発

 

これら人探しにはさまざまなケースがあり、どれも居所や住所を調べるという目的では共通ですが、その難易度ごとに価格を設定しているところも多く、一律ではありません。

 

人探しにおける難易度はおもに2つの要素から考慮されます。

 

1つ目は対象者の正確な情報がどれだけヒアリング出来るかどうかです。

 

例えば、人探しの対象者の名前や住所が曖昧で連絡先もメールアドレスのみでしか分からないケースと、対象者の本籍地や本名(フルネーム)、生年月日、現住所など細かい詳細が分かっているケースとでは調査の項目が大幅に違ってきますし、調査時間も変わってきます。

 

2つ目は対象者の現在の状況です。

 

もう一つの対象者の現在の状況とは、「対象者がどこかで普通に生活している状態か、逃げている状態」かどうかです。

 

前者の方でしたら、単に依頼者が昔の恩師や友人など対象者の連絡が不通である為、連絡を取りたいという依頼である為、対象者は探されていると思っておらず、普通に日常の生活を送っている状況ですが、後者の方は、対象者自身がが逃げるという意思を持って、家出や蒸発などしてるケースなので、住民票など足がつく情報は残さず住所も転々としてる可能性が高いと思われます。

 

前者の場合は比較的難易度は低いと言えますし、後者の場合は難易度が高いと言えます。

 

対象者に関しての正確な情報が多くそろっていて、対象者も特に逃げているという状況ではない場合は、情報調査だけで調べることが可能なケースが多く、料金も比較的安く済みます。

 

一方、家出人のように確かな情報がそろっていても、知人宅やホテルなどを転々とし逃げているようなケースでは、情報調査だけでは難しく、実地調査が主になってきますので、料金的にもどうしても高くなってしまいます。

 

難易度の基準

 

他社の基準を参考までに記載しておきます。

 

難易度 調査 具体的なケース
旧友、恩人、思い出の人、引っ越しによる転居先不明
連絡の取れない相続人、不動産売却交渉(地上げ)に伴う人探し
捜索対象者は日常生活を送っていて、故意に居場所を隠している訳ではないケース。
相当な期間が経過していたり情報量が少なくても比較的容易に発見に至ります。
未成年者の家出 未成年者の家出については、発見が遅れる事により反社会的な人物や組織とのつながりを持ってしまうケースもあり、早期の解決が望まれます。
中-高 行方不明者、失踪者、債務者の失踪 突発的か計画的な失踪なのか、協力者の有無などにより捜索の難易度や方法が異なりますが、捜索対象が故意に居場所を隠している場合。

 

 

人探し価格例

 

※下記の価格表はあくまでも参考の目安程度にしてください。

 

難易度 A

基本料金:8万円(税込¥86,400)
成功報酬:7万円(税込¥75,600)

難易度 B

基本料金:15万円(税込¥162,000)
成功報酬:10万円(税込¥108,000)

難易度 C

基本料金:30万円(税込¥324,000)
成功報酬:15万円(税込¥162,000)

難易度 D

基本料金:50万円(税込¥540,000)
成功報酬:30万円(税込¥324,000)

難易度 E

基本料金:100万円(税込¥1,080,000)
成功報酬: 50万円(税込¥540,000)

 

浮気・不倫でお悩みの方、無料診断はこちら

浮気・不倫でお悩みの方必見!

無料相談実施中

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

>>企業信用調査の価格